スポンサーリンク

ソシオタイプESI(守護者)の「モデルA」とは?

ソシオタイプESI(守護者)の「モデルA」とは?ソシオニクス

ソシオニクスにはモデルAという考え方があり、ソシオニクスのタイプ(ソシオタイプ)を理論的に理解するのに役立ちます。今回は、ソシオタイプの1つであるESI(守護者)のモデルAを紹介します。

ソシオタイプESIの「モデルA」とは?

ESIは、MBTIのタイプISFPとおおよそ対応するタイプ(※諸説あります)で、Ethical-Sensory-Introvert(倫理-感覚-内向型)の略です。

くわしくはこちら:

モデルAは、ソシオニクス創始者のアウシュラ・アウグスティナヴィチューテさんが発明したモデルです。このおかげで各タイプの性格の違いや、考え方のプロセスをシステマチックに考えることができます。

ESIのモデルAは、以下の図のようにあらわします。

ESIのモデルA

ESI(守護者)の自我

モデルAの1行目は自我ブロックです。そのタイプの個性やアイデンティティをあらわす部分です。自分でも上手に扱うことができ、価値を感じており、意識しています。

自我ブロックには、主導する機能(第1機能)創造する機能(第2機能)があります。

ESI(守護者)の主導する機能:内向倫理

ESIの主導する機能は、内向倫理(Fi)です。

ESIは、人の感情や関係性をつねに見極め、良い人間関係を築けるようにします。

第一に、自分の中にある変わらぬ倫理観と、自分も含めた人と人との間の安定した関係性によって、現実を捉えます。そのような関係性は、自分の倫理観によって格付けがなされます。他人の倫理観やモラルの質とその一貫性を評価することに非常に自信があります。このために、そういった評価をあまりしない人々には、「一方的に批判してくる」「独善的」な人とうつります。人間関係の格付けが難しいときは、結論を出そうとして行動を起こすでしょうが、なかなか結論が出ない場合は、その関係には大した価値がないのだとみなすでしょう。自分の倫理観そして人との関係において、自分自身が持っている変わらないという感覚が、自己価値の強い要因になっています。

主導するFiは、相手が敵か味方か、それが善意か悪意か、相手が自分を好いているか嫌っているか、を即座に見極める能力を秘めています。

Introverted ethics – Wikisocion

ESI(守護者)の創造する機能:外向感覚

ESIの創造する機能は、外向感覚(Se)です。

ESIは責任感が強く、勇敢な行動をとることができます。それによって人の信頼を勝ち取れます。

壁にぶつかったときには直接的な行動を起こすことで、自分の目標や欲望、さらには仲良しの友達や家族、仲間の利益を達成できるようにつとめます。他人に必要な行動を起こすよう勧めたり、個々の状況ではわざとプレッシャーをかけたり、突然組織の役割を引き受けたりすることもあるかもしれません。基本的には衝突を求めませんが、衝突が怖いわけでもないのです。

自分の責任を真剣に受け止め、こつこつ丁寧にそれを果たそうとします。そして他人にもそれを期待します。

Extroverted sensing – Wikisocion

ESI(守護者)の超自我

モデルAの2行目を超自我ブロックと言います。義務感や社会規範にかかわります。価値を感じないし苦手意識が強いですが、見栄を張ったり褒められたがったりします。

超自我ブロックには、規範の機能(第3機能)脆弱な機能(第4機能)があります。

ESI(守護者)の規範の機能:内向論理

ESIの規範の機能は、内向論理(Ti)です。

ESIは、自分を「博識な人」のように見せようと努力します。

短時間なら私情を挟まない学術的・理論的な見地からものを語ることができますが、その様子は極端に衒学的で、緊張しがちです。Fiの判断によって決めたことを論理で正当化しなければならないと感じると、一応努めはするのですがすぐにイライラしてしまい、特に論理の矛盾を指摘されたときにはイライラが顕著にあらわれます。そうなると、倫理的な動機を説明するか、あるいは完全にその話題を避けるかします。

Introverted logic – Wikisocion

ESI(守護者)の脆弱な機能:外向直観

ESIの脆弱な機能は、外向直観(Ne)です。

ESIは、不確実な未来への不安を、一生懸命耐えてきた人です。

具体的に何になるでもないように思われるアイディアや機会にとても懐疑的で、新しい取り組みには絶対に具体的な利益が出るという保証を求めます。結果がはっきりせずしばしば激動や不要な変化をもたらす類いの改革よりは、既存の問題に解決策を与えるような改革を好みます。

この人にはそういう才能はないと思ったら、他人の活動を強引にやめさせようとするかもしれません。が、同時に、その人が潜在能力を持っているのかどうかについては見誤りやすいです。

Extroverted intuition – Wikisocion

基本的には多角的な視点を理解しようと努めることはせず、自分の視点だけを発達させることに集中します。自分のアイディアに大きなメリットがあったとしても、アイディアで他人を惹き付けることがあまり得意ではありません。

同上

活動に従事できそうかとか未経験のスキルを身につけられそうかとかいうふうに他人を評価する人を見ると嫌な気持ちになります。とりわけ自分についてそのような議論をされるときに不快感をおぼえます。自分のポテンシャルを極度に疑ってかかるか、特定の領域での自分の可能性を過大評価するかの両極端になりやすいです。

同上

ESI(守護者)の超イド

モデルAの3行目を、超イドブロックと言います。無意識で苦手だけれども価値を感じていることなので、何でも鵜呑みにしたり人任せにしたりしやすい部分で、自分の望みや自己実現にかかわります。

超イドブロックには、暗示される機能(第5機能)動員する機能(第6機能)があります。

ESI(守護者)の暗示される機能:外向論理

ESIの暗示される機能は、外向論理(Te)です。

ESIは生産的な人に憧れます。そういう人が周りにいると、前向きになれます。そうでないときは、自分の非生産性を誰か・何かのせいにします。

知性的に見える人や、裏表がない人、面白くて、自分が生産性と効率性を高めるのに役立つような事について、知識を共有しようとしてくれる人に魅力を感じます。完成された分析よりも信頼できる情報のほうに魅了されます。つまり結論として出された正解(解決策)よりも、事実や説明のほうを好むということです。同じ理由で、あてにならない情報や単に間違っている情報を発信したがる人たちを避けます。

Extroverted Logic – Wikisocion

自分の行動の生産性について考えることを放棄しがちで、指示してもらおう、最善の方法とかもっとも生産的な方法をアドバイスしてもらおうというふうに、無意識のうちに人任せにしています。この人たちは、自分がどれだけのことができて、それは十分なのかどうか、そして実際それにどれだけの価値があるのか、をはかるのが苦手なのです。自分の行動の生産性を自覚し、いつも合理的でやりがいのあることをしようとしている人たちを尊敬します。

同上

ESI(守護者)の動員する機能:内向直観

ESIの動員する機能は、内向直観(Ni)です。

ESIは焦りやすく、誰かに落ち着かせてもらえると安心します。

杞憂から逃れるためには、状況がどうなっていくのかについて定期的に他者の見解を得なければなりません。急がなくても間に合うとか、進行中だから取りかかる必要はないとか、今は黙って見ているのが吉だとかいうふうに人から安心させてもらえないと、不安でたまらなくなり、そのような問題にすぐさまそして時には衝動にまかせて取りかかろうとします。 

Introverted intuition – Wikisocion

ESI(守護者)のイド

モデルAの4行目を、イドブロックと呼びます。自分の基盤や防衛本能にかかわる機能です。扱いは得意なのですが、大した価値を感じておらず自覚も薄いです。

イドブロックには、無視された機能(第7機能)証明する機能(第8機能)があります。

ESI(守護者)の無視された機能:外向倫理

ESIの無視された機能は、外向倫理(Fe)です。

ESIは雰囲気を作るのは得意ですが、積極的に「取り繕う」必要を感じません。

みんなでワイワイ冗談を言い合うような感情的な状況に完璧に打ち解け、長時間それを維持することにも長けています。大抵はそのような雰囲気を自ら生むこともできます。しかし、自分の気持ちがそこに向かっていかないとき、特にそこにいる人たちに内心良い感情を抱いていないときには、そんな雰囲気に意味はないと思います。嫌いな相手を前にしようが自分が嫌な気分であろうが、社会的状況においては「礼儀」として「取り繕う」必要があることはわかっていますが、そういうときには、楽しい雰囲気に合わせたり楽しい雰囲気を作り出したりするために行動するのを拒否します。そこにいる人と親密であればあるほど、そうすることへの嫌気も大きくなります。

Extroverted ethics – Wikisocion

ESI(守護者)の証明する機能:内向感覚

ESIの証明する機能は、内向感覚(Si)です。

ESIはリラックスすることはとても得意ですが、そこまで重要なこととは思いません。

自分や他人の体調や幸福、美的感覚、そしておいしい食べ物やくつろげる状況のような感覚刺激がもたらす内的な影響を認識し評価する能力に自信があります。促されれば納得のいく評価ができますが、リラックスすることやそれについて話すことは、人生の優先事項というよりはむしろ楽しみの源だと見なしています。全面的な自信があるにも関わらず、そんなに深刻なものとしてリラックスを考えていないし、いつも自分にリラックスを許しているわけではありません。体調や幸福に注意を向けることを選ぶときは、Se的な方法を好んで制限を課すことのほうが多く、自分にも他人にも食事療法や運動療法を求めます。

Introverted sensing – Wikisocion

まとめ:ESI(守護者)のモデルA

ESIのモデルAは、まとめるとこうなります。

タイトルとURLをコピーしました