いざよいブログ

MBTIと混同されているソシオニクスの誤解を解くためのブログ。

恋愛スタイル(侵略者、犠牲者、保護者、子供)

f:id:swpc5hate:20180115204339p:plain

ソシオニクスの相性は何も恋愛に限ったものではないのですが、ふだん相性が語られるのは、圧倒的に恋愛に関する場面なのではないかと思います。そういうわけで今日はその中からGulenkoによる恋愛スタイルの分類を紹介します。

4つの恋愛スタイル

 

恋愛スタイルとは、具体的には、恋愛関係の中で見られる、肉体的な興味、好意、欲望、媚態、性的なふるまいなどのことです。友人や職場の人間などの前ではあまりあらわれない特徴です。

Gluenkoは、恋愛スタイルの違いを自我の非合理機能(Se、Ni、Si、Ne)の違いに基づき、16タイプを4つにグループ分けしています。その4つとは、侵略者タイプ・犠牲者タイプ・保護者タイプ・子供タイプです。さっそく見ていきましょう。

1. 侵略者タイプ

侵略者タイプAggressorは自我ブロックにSeを持つタイプ、つまりSLE(ESTP)、LSI(ISTP)、SEE(ESFP)、ESI(ISFP)の4タイプです。Seは静的・外向的な要素ですが、それが恋愛スタイルにも反映されます。

相手への気持ちは変わらないものと考えており、思い通りの変化を与えられるかは自分次第だと考えます。好きになったら積極的にアプローチし、何としてでも手に入れようとします。付き合ってからも、変化を取り入れようとし続けます。相手が自分のこうしたふるまいを受け入れてくれないとがっかりして、冷めてしまいます。

特徴

  • 自分の相手に対する好意については疑わない。
  • 好意を表すかどうかについてはあまりためらいがない。
  • 相手からの報いがあるかどうかよりも自分自身の好意に焦点をあてる。
  • 恋愛モードは、「柔らかい」というよりは「粘り強い」。
  • 相手に対しいくらか優越感を感じる必要があり、相手が大方頑張ってついてこられているように見える場合に限りやりがいを感じる。
  • パワーゲームの形をとるが、他人には残酷だとか意地悪だとか思われるかもしれない。
  • 彼氏がいるこのタイプの女性は、女とは威張り散らすよりもむしろ、相手に全面的な愛情を期待する生き物だと思い込む傾向がある。
  • 自然消滅でない場合には、振られたことはあまり言いたがらない。

2. 犠牲者タイプ

犠牲者タイプVictimは自我ブロックにNiを持つタイプ、つまりEIE(ENFJ)、IEI(INFJ)、LIE(ENTJ)、ILI(INTJ)の4タイプです。Niは動的・内向的で、物理的な現実から想像を膨らませる要素であり、この特徴は恋愛スタイルの特徴に直結しています。

お互いの気持ちは移り変わるものだと考えます。長期的な視点と結果から、お互いの、特に相手の好意があるかどうかに着目します。付き合ったら好意は行動で示し続けてほしいと思っており、そうされないと、もう自分のことは好きじゃないんだと思い込みます。強引に地に足をつけさせて現実に向き合わせてくれる相手を待ち望んでいます。

特徴

  • 相手への好意の強さを最初は疑いがちである。
  • 好意を表す自信がいつもあるわけではない。
  • 相手が好意に報いてくれるかどうかに焦点をあてがちである。
  • 相手の好意がずっと続くかどうかを疑いがちである。
  • 力や肉体などに対する畏怖の念を沸き起こしてくれる相手を好む。
  • このような相手といるときにパワープレーが生じるのを理解し、相手のちょっとした優越感を受け入れるが、実際には決して相手に「服従」することはない。
  • 時々、相手が意地悪であることをいくらか期待するという形をとる。
  • 彼女がいるこのタイプの男性は、「姫に献身する騎士」のようになる。
  • 振ったことよりも振られたことを人に言いたがる。

3. 保護者タイプ

 

保護者タイプCaringは、自我にSiを持つ4タイプ、つまり、ESE(ESFJ)、 SEI(ISFJ)、LSE(ESTJ)、SLI(ISTJ)のことです。Siは動的・内向的で、想像よりも現実や体の感覚に目を向ける要素です。

お互いの気持ち、そして相手の体調の良さや機嫌も移り変わるものだとみなします。好意を体調の良さと関係づけながら、お互いの、特に相手の好意があるかどうかに焦点をあてようとします。ぼんやりとしがちなので、面白い可能性などのNe的な刺激で揺さぶられると喜びます。

特徴

  • 激しいアプローチや身体へ直接的な刺激よりも、スムーズで、すらすら流れる、柔らかで、ていねいな、遊び心のあるやりとりをしたがる。
  • 見込みのある相手の美的特性と精神的特性に惹かれるが、過度に激しい性欲を秘めているとわかると冷める。
  • 求愛する際には相手をいたわる。会話中は、相手の言うことや必要としていることに注意をはらい、相手がどうしているか・どう感じているかについて尋ねるかもしれない。
  • 相手が自分の気遣いや注目を喜んでくれて、さらにそれを呼び起こしてくれて、求めているなら、好意は続く。
  • 日常的な問題やニーズを解決するために、相手は自分の支えや助けを必要としていると思い込みがちである。
  • どっちが振ったのかについては中立である。倫理の問題はまだ重要かもしれないが、どっちが振った・振られたという「力関係」は重要とはみなさない。

4. 子供タイプ 

子供タイプChildlikeは自我にNeを持つタイプ、つまりILE(ENTP)、LII(INTP)、EII(INFP)、IEE(ENFP)の4つです。Neは静的・外向的で、退屈でよどんだ現実の中に、可能性と代替案がないかを探そうとする要素です。

お互いの気持ちは変わらないものと考えており、バリエーションや選択肢を表現することで変化を与えようとします。ありそうもない空想的な話を楽しめるかと関係づけながら、お互いの特に相手の好意があるかに焦点をあてます。体調や生活の質が悪くなりやすいので、そういう助けをしてもらえると喜びます。

特徴

  • 積極的で直接的な性欲から分離した、ポジティブで美的な特徴を持つ相手に興味を惹かれる。
  • 楽しみや面白い議論、提案、ジョーク、探究、そして変わったふるまいで相手の関心をひこうとする。
  • 相手が、予測できない潜在的で新しい物事の側面を見られるよう助けようとする。
  • こうした自分のふるまいに相手がどう反応するかによって、好意が続くか冷めるかが決まる。
  • 自分のニーズに気を配ってくれる相手をありがたいと思う。なお自分のニーズとは必ずしも物理的なものではあるとは限らない。自分のニーズを満たしてくれない場合は、何も言わずかわりに我慢しようとするかもしれない。しかし、満足度はかなり下がり、注文が多くなる。

 

これらの4つのタイプの相性に関しても少しだけ言及されているので、またいつか記事にまとめたいと思います。

参考: Romance styles - Wikisocion