いざよいブログ

MBTIと混同されているソシオニクスの誤解を解くためのブログ。

モデルAの機能だけでタイプを表現する。⑫~LSE(ESTJ)~

f:id:swpc5hate:20180411014921p:plain

最終更新日:2019/11/05 シリーズ12回目、ソシオニクスのモデルAの機能だけでタイプを表現します。今回はLSE(ESTJ)です。これで外向型かつ合理型のタイプが終わりますので、次回からは外向型かつ非合理型の4タイプをまとめていきます。

 

前回:

LSE、ESTj(MBTI表記:ESTJ)

f:id:swpc5hate:20180411014917p:plain

①主導する機能:Te(外向思考)

主導するTeは、自分の個人的な興味や専門的な活動に関する事柄について、本や人から聞いた情報などという外部のソースから事実的な情報を蓄積しようとする機能です。また、この機能によってその事柄に精通しているという自信を得るので、自分の知識に自信を持って、それに関係する議論に参加することができるのですが、他人には横柄な印象を与えることもあります。他の特徴としては、外的な事実の評価が挙げられます。つまり、労働、社会問題、金融、手続き、人間関係、会話などが外的な事実にあたりますが、正確であるか・理にかなっているか・効率的であるかといった視点からそれらを評価するのです。そこから、外界をどんどん効率的で合理的にしようとし、同時に「自分は、役に立つ/実利的な/学べる活動に関わっていて、生産的である」という自尊感情もどんどん高めようとします。間違いだとわかっている情報を広めることは、不安にすることなのでできる限り避けます。

②創造する機能:Si(内向感覚)

②創造するSiを持つこのタイプは、人々を穏やかな気分にさせたり楽しませたりする計画を立てるのが元々得意です。しかし、自然とそういうことをしているというよりは、個々の場面で必要性が生じたときにそういうふるまいや技術を発揮するというのが常です。①主導するSiを持つSEI(ISFJ)やSLI(ISTJ)とは違って、いつも穏やかで安定していることを重要視してはいません。

この人たちは人の趣味や好みに調子を合わせ、何かしてあげたりプレゼントをあげたりすることで友達や家族を喜ばせるのが好きです。たとえば、整理整頓や掃除をして家の中を快適にするとか、楽しいところへ連れて行くとか、あるいは趣味を追求できるような機会や人を見つけてあげるということをします。

③規範の機能:Fe(外向感情)

このタイプの人たちは、特に集団でいるときには、その場に広がる感情的な雰囲気に適応しようと努めます。そして、既にある程度知っている人たちの前では、明るくウィットに富んだ発言をするなどして、良い雰囲気を作ろうとします。しかしこのような努力は、基本的には控えめであり長くは続きません。というのも、情熱以上に複雑で激しい感情を表すことは、このタイプの人たちには難しいのです。大きい声で笑ったりお互いに冗談を言い合ったりするような激しい感情表現が交わされる集団の雰囲気には、どうしても加われないのです。雰囲気を壊さないようにする必要性に自覚的であろうとはするのですが、自分の気分や相手に対する個人的な感情とかち合わないときには、全然うまくいきません。典型的なのは、みんなで軽口を言い合ったり気楽な会話をしたりしている最中に、他人の間違った発言をつい訂正してしまったがために怒っていると思われて、雰囲気に従おうという努力を自ら台無しにしてしまう人です。

④脆弱な機能:Ni(内向直観)

脆弱なNiを持つこのタイプは、今の流れの行きつく先を見積もろうとするよりはむしろ、物事をあるがままに受け止め、目の前のタスクに焦点を当てることを好みます。どうしてそうなるのかの輪郭を描くより、結果的にどうなったのかをベースに話をします。

この人たちは、時間を未分化なものと捉えています。つまり、過去、今、そして未来はすべて今の一部か今に近いものとして見なしています。未来について語るときには、特に長期的な計画を立てるときに顕著ですが、あたかも未来を今日達成できることのように扱います。まず必要になってくる進歩というものについては、無自覚であることが多いです。

基本的に、物事にどれくらい時間がかかるかとか、どれくらいの時間をかけるのがいいのかなどの感覚に乏しいです。そのため、この人たちにとって、予め完璧なまでに計画を練ることなくしてスケジュールを遂行するのは難しいことです。

 

⑤盲点の機能:Fi(内向感情)

このタイプの人たちは、親密な人間関係を渇望しています。そういった関係の中で、信頼感に包まれながら、自分の個人的な体験を気軽にわかちあったり、言葉にしなくてもお互いにわかる感情や倫理観によって関係を持続させたりしたいと思っているのです。このタイプは、最初の一歩なら踏み出そうとするのですが、そのような関係が存在しているのか、あるいはそのような関係にはどういった格付けがされるのか、を正しく評価することに自信がありません。そのため、曖昧さのないはっきりした人間関係を重視している人や、はっきりした倫理原則に従っていて信頼感があり、彼らの目から見ても信用に値すると思える人に対して、魅力を感じます。

この人たちは、相手が友達なのか敵なのか、自分に向けられている感情が好意なのか悪意なのか、をよく考えないところがあります。そのかわり、たいていの場合は、その人についての事前知識に基づいて、あたかも最初から友達/敵であるかのように行動します。そのせいで友達を敵と間違えたり、敵を友達と間違えたりすることになってしまうのです。他の人が自分にどんな感情を抱いているのかは少しずつしか認識できるようにならず、感情を言葉ではっきりと伝えてもらい、十分な期間、その伝えてもらった感情をはっきりと行動にあらわし続けてもらえない限りは、いつも疑いが残ってしまいます。人間関係についてもすぐに不安定になり、気持ちは変わっていないよと常に人から安心させてもらわねばなりません。

このタイプは、人に自分の個人的な感情(「○○さんって本当に面白いよね」や「大好き」など)を伝えることを恥ずかしがりますが、人から言われると、まるでサプライズを受けたかのように良い反応を示します。そのかわり、他人のふるまいに筋が通っているかどうかをよく見ています。

⑥動員する機能:Ne(外向直観)

たとえ現時点で実用化できるようなものでなくとも、アイディアや想像力に富んだ人々や、そういうものに「世界の向こう側」で起こっている出来事を結び付けていく人々を、非常に高く評価します。自分が今現在取り組んでいることをより良いものとするために、洞察や型にはまらない分析を提供してくれる人々はなおのことありがたく思います。

⑦無視された機能:Ti(内向思考)

アイディアやシステムの持つ論理についての議論は、内容は簡単に理解できるのですが、基本的に興味がありません。そういった論理構造は、目標達成にはほとんど価値のないことだと受け取っており、まったく面白くない上に生産性もないことであると感じています。

⑧証明する機能:Se(外向感覚)

説得力がある堂々とした態度をとったり、頑固になったり、あるいは挑戦的な態度を見せたり、敵対したり、ということはできますが、それも短い間で、本人としてもその態度をあまり深刻に捉えているわけではありません。ショーやゲームのようなものなのです。

所感

LSEは、私IEI(INFJ)と”最高”の相性――衝突関係にあたるタイプです。

参考:

①主導のTeや②創造するSiなどを読むと、かつてLSEに感じていた「私の苦手な手続きとか整理整頓を代わりにやってくれそう(やってほしい)」という期待が、あながち間違いでもなかったのだなというふうには思います。逆に私がLSEに期待されるとしたら何なのでしょう?メンタルケアとかそういう方向性でしょうか。利用しないように気を付けなければいけません。

 

LSE(ESTJ)の基本的な性格の特徴は:

 

出典: Information elements - Wikisocion

2019/11/05:訳を修正しました。