いざよいブログ

MBTIと混同されているソシオニクスの誤解を解くためのブログ。

アルファとデルタのクアドラに共通する8つの特徴をまとめた。

f:id:swpc5hate:20180907122249p:plain

こんにちは。自分のタイプがわからないときにクアドラから考えるのは1つ有効な方法です。今日は、Reininにより発見された、アルファ・クアドラデルタ・クアドラに共通する特徴を8つご紹介します。

 

アルファとデルタは「熟慮型クアドラ」

クアドラとは、ソシオニクスの16タイプを小グループに分けるやり方の1つです。クアドラは、似た価値観を持つ4タイプから構成されます。

クアドラには、アルファ・クアドラ、ベータ・クアドラ、ガンマ・クアドラ、デルタ・クアドラの4種類があります。

参考:

クアドラは全部で4種類ありますが、SiとNeを重視するクアドラと、SeとNiを重視するクアドラとにわけることができます。ソシオニクス研究者のReininは、前者を「熟慮型クアドラ(judicious)」、後者を「決断型クアドラ(decisive)」と考えました。

今回と次回で、このReininの「熟慮型クアドラ」/「決断型クアドラ」という分け方を紹介します。なかでも今回は、前者のSiとNeを重視するクアドラ、すなわち「熟慮型クアドラ」について紹介します。この「熟慮型クアドラ」は、ILE(ENTP)、SEI(ISFJ)、ESE(ESFJ)、LII(INTP)からなるアルファ・クアドラと、IEE(ENFP)、SLI(ISTJ)、LSE(ESTJ)、EII(INFP)からなるデルタ・クアドラの2種類です。

 

アルファとデルタに共通する特徴

1. いつもリラックス

「熟慮型クアドラ」の特徴は、普段からリラックスしていることです。やらなければいけないことをするときだけは、一気に戦闘モードに入って集中し、やることが終わったら戦闘モードを解除して元通りリラックスします。いつもリラックスしていること、やる気になりにくいことは、「熟慮型クアドラ」がもともと持っている特徴です。

2. 動くために休む

責任がかかった重要な仕事をやる前は、リラックス(息抜き、気晴らし)をしなければいけません。 しっかり休めれば休めるほど、その後も効率的に力を発揮でき、集中すべきところで集中でき、仕事の質も上がるのです。難しい「投球」ほど、投げる前のリラックスが必要になります。

3. やる気になりにくい

戦闘モードを解除して、落ち着いて考えるためのリラックスモードに切り替えるのは、何も大変なことではありません。しかし、普段のリラックスモードから戦闘モードへと切り替えるのは難しいかもしれません。そのため、やる気を出すために特別な動機を必要とすることが多いです(外的な環境やほかの人の決定などによって行動を強いられるような状況に自分を追い込む傾向にあります)。

4. スモールステップが好き

大規模な仕事は、いくつかのステップにわけてから行おうとします。ステップごとに戦闘モードに入り、そのステップが終わったらそのたびに普段のリラックスモードに戻るということをします(小さい仕事なら1ステップでいけるかもしれません)。

5. 決めるのはしんどい

自分の戦闘モードについては、何かをじっくり考え始めたとき、すなわち戦闘モードが解かれるときになって意識されます。決断をする瞬間は、比較的いやな瞬間として受け取っており、おぼえていないことが多いです。

6. 決めた後より決める前

(じっくり考えたり、話し合ったり、どういう行動をするか選んだりなどのような)決断の準備段階のほうをよく理解して、価値があると考えるため、準備段階に時間と努力を費やします。実際に決断する段階やそれを実行にうつす段階は、いわば暗黙の了解としてあまり評価しませんし、注意も大して払いません。

7. 成果よりも働きやすさ

仕事については、ある程度快適さや自由さがあることが重視されます。職場は、そういう条件が満たされるかという観点で評価することが多いです。この人たちは快適や安全を手放したがらず、(報酬アップのような)結果のために職場環境の良さを犠牲にしようとはあまり思いません。「うーん、休まないとできない!」

8. 条件について話す

なぜどのように決断に至ったのかという条件については説明しますが、決断した瞬間のことははっきりと言いません。仕事について話すときは、(快適さ、休憩、家までの距離などの)仕事の条件について話します。

まとめ

アルファ・クアドラとデルタ・クアドラの「熟慮型クアドラ」には、リラックスや事前準備、そして熟考や議論といったものが大事だということがわかりました。

戦闘モードという言葉は、モデルAでもおなじみ「動員」という言葉の言い換えなのですが、ということは、アルファやデルタは⑥動員する機能をあまり使いたがらなかったりするのかな。言葉が同じというだけで関係はないかもしれませんが。

出典:Рассудительность - Динамическая соционика