いざよいブログ

MBTIと混同されているソシオニクスの誤解を解くためのブログ。

タイプ別☆外見の特徴③~内向×合理(I●●P)編~

f:id:swpc5hate:20171210125229p:plain

最終更新:2019/06/22 ソシオニクスでは、タイプの外見的な特徴が研究されています。今回は内向型で(合理機能を①主導にもつ)合理型であるLII(INTP)LSI(ISTP)ESI(ISFP)EII(INFP)の4タイプを扱います。

前回:

 

LII(INTP)の外見の特徴

LII(INTP)の外見にはいくつかの特徴があり、その特徴がわかれば遠くからでも見分けられます。1つの特徴は、禁欲的な顔だちです。禁欲主義については2つの理由をお話できます。まず、まさに顔の構造が、ゴツゴツしていること、大きなパーツ(大抵は鼻)と小さなパーツ(大抵は顎)の組み合わさり方、そして顎と額のラインという点で、中世の横顔の肖像に似ているのです。次に、遠くから見たときの表情はいつも完全に冷淡であり、怖い・暗いと思われることさえあります。顔色はたいてい悪く、青ざめています。LIIの男性は短髪に惹かれます。LIIの体形はほとんどの場合で細いです。この人はLIIだと自信をもって言える特徴は、やや突き出たお腹と、曲がった背中です。LIIの歩き方はあやふやで、いくらか揺れています。時々どこに行くべきかわかっていないようにも見えます。興奮すると、まるで体全体で道を切り開いているかのように、端から端までガタガタ揺れながら進むこともあるかもしれません。LII(男性)は、控えめな格好をし、過度に注目を集めたがりません。しかし、LIIはファッションに振れ幅があるのが特徴です。両極端なのです。流行の服を着ていると思えば、次には「みすぼらしい」服を着てきます。LIIの女性の格好は、「フランス人」と呼ばれることがあります。そこには、強調されたオリジナリティ・規格外であること・目立ちたい願望を見ることができます。

LSI(ISTP)の外見の特徴

LSI(ISTP)の人は遠くからでも外見上の特徴で気づくことができます。しかし、これはほとんど男性に限られ、女性の場合は基本的には目立つ特徴はありません。第一に目を引くLSIの特徴、それは、ある種基礎がしっかりしていて堅実なところです。LSIの人は2本の足でしっかり立っているのですが、そのためにがっしりしていて安定している印象を与えるのです。頭は肩にまっすぐに乗っかっていて、ほとんど曲がっていません。体は頭と一緒に回る傾向にあります。歩いているときは、LSIは手を振りません。手はひじで固定されているようであり、手のひらと指はぶらぶらさせません。時々脇で手を握っているように見えます。LSIは柔らかく、なめらかに、音もなく歩きます。しかし、時々急に方向転換して、さっきまでのまっすぐな軌道からそれます。顔のもっともはっきりとした特徴は、頬骨です。このせいで、LSIの顔立ちはどこか東洋風、アジア風です。鼻の先は上向きに曲がっているかもしれません。表情はたいてい変化がなく、固定され、無表情で、集中しています。LSIの男性は、美しいひげをたくわえているかもしれません。LSIの服装は、さっぱりしていて小ぎれいです。ファッションはきっちりしていて地味、できるだけしわや汚れがないようにします。LSIの男性は軍服が似合います。ドレスコードの違反については、誰かが持ち場にふさわしくない格好をして来たときは、かなり批判的に接します。

 

ESI(ISFP)の外見の特徴

ESI(ISFP)は、鋭い視線と、警戒していて、抵抗する用意もできていると思わせるような表情によって見分けることができます。ESIが思索にふけっているときは、物や人をじっと見つめているかもしれません。それと、自分のおかれている状況の不確実性のせいで、顔にはろうばいが映し出されています。ESIが誰かを見て目が合ったときは、よく視線をそらして、わきに向けています。長いこと視線をとどめておくことができます。ESIの唇はたいてい小さくはなく、ややふっくらしていて、かたく押し付けています。顔の作りは大体なめらかで、頬骨が突き出てはいません。Fi-ESI(Fiが強めのISFP)なら、表情はいつも不満そうで批判的、時々怒っているようにも見えます。ESIの体型は様々で、細くてひょろっとしていて足が長く、バレリーナのようにさえ見える人から、どっかりしていて肩幅が広くていかつい人までいます。外出するときも家に人が来ているときも、きっちりしていてエレガントなのがESIのファッションの特徴で、ほとんどいつもフォーマルな感じを漂わせています。ESIの服がだらしないことはありえません。いつもきちんとしていて、まっすぐ立っており、楽にしていることはありません。ESIは伝統的な服装に惹かれる傾向があります。

EII(INFP)の外見の特徴

EII(INFP)を外見で見分ける際もっとも頼みになる特徴は、感情に左右されない顔です。外見の典型的な特徴は、古代の肖像にある聖人や殉教者と顔が似ていることです。EIIの鼻はしばしばまっすぐで細長く、顔面からそれほど突き出てはいません。EIIの顔には、どんなポジティブな感情も激しく現れることはありません。せいぜいそこには微笑みがあるだけです。遠くからは、EIIの表情は、自分の周囲に起きているネガティブなこと全てを静かに非難しているように見えます。声の調子についてもそうです。Fi-EII(Fiが強めのINFP)はたいてい細くて禁欲的な体形です。動きは鋭く、かなり俊敏です。Ne-EII(Neが強めのINFP)の場合は、大体太っていてたるんでおり、ややぎこちない動きをします。Ne-EIIの顔立ちの特徴は、標準的な型から逸脱しています。EIIの歩き方は、足をあまり上げずに地面とほとんど平行に動かすのが特徴です。歩幅の小ささのせいで、急いでいるように見えます。EIIのファッションは、目に見えて両極端です。Fi-EIIは目立つのが好きではなく、質素だけれども趣味のよい見た目を好みます。Ne-EIIは典型的には、とても鮮やかで派手な、流行に乗った着こなしをすることがあります。

 

続き:

 

出典:

LII Profile by Gulenko - Wikisocion

LSI Profile by Gulenko - Wikisocion

ESI Profile by Gulenko - Wikisocion

EII Profile by Gulenko - Wikisocion