好奇心旺盛なリポーターIEE(ENFP)の性格の特徴を解説するよ。

ソシオニクス

今日ご紹介するのは、IEE(ENFP)の基本的な性格の特徴です。せっかくはてなブログに課金したので近々ブログの大幅なアップデートをしたいなと考えています。ブログ名とHNもそこで決めちゃいましょう。うーん何がいいですかね。一生決まらなそう。

第1回は:

ソシオニクスの1タイプであるIEEは、MBTIのENFPと対応するタイプであり、Intuitive-Ethical-Extravert(直観的で倫理的な外向型)を略したものです。

 

スポンサーリンク

IEE(ENFP)の基本性格

IEEは洞察力に富んでいます。他の人の動機には敏感です。有能で風変わりな性格の人に惹かれます。人を励ましたり希望を与えたりすることができます。苦しい人生から抜け出す道を教えてあげられます。

IEEは利他的です。同情を覚えた人々には、期待されている以上のことをしてあげることができます。明るくて優しいコミュニケーションをとります。IEEはその正直さと温かさによって信頼を獲得します。感情的な反応を得られないときには怒りだすかもしれません。他人の感情を管理しようとします。

危機的な状況では戦闘モードに入って活発になります。不当な攻撃には抵抗し、追い払います。IEEは客観的に必要であることを行えないときがよくあります。自分の望みとそのとき起こってる現実の状況を結びつけるのが苦手です。最初は主導力を発揮するのですが、のちに自分がいなくても自分のアイディアを確実に実現してくれそうな人々を探し出します。

ルーティンにはすぐ疲れてしまうので、趣味や職業をころころ変えます。細々した仕事はIEEには向いていません。IEEにとってスケジュールに従うのは難しいことです。厳しい規律には馴染めず、形式的な上下関係を軽視します。

IEE Profile by Gulenko – Wikisocion

スポンサーリンク

IEE(ENFP)と他タイプの間柄

IEEと他タイプとの間柄です。間柄には全部で14種類(うち非対称な間柄が2種類)があります。単純に相性が良いとか悪いとかいうものではありませんので気を付けてください。

参考:「相性」という言葉が見えなくするもの – いざよいブログ

 

SLIとの双対関係はこちらも参考に: 

スポンサーリンク

IEE(ENFP)のモデルA

最後は、モデルAの枠組みを紹介します。ソシオニクスでは、各タイプがそれぞれ独自のモデルAをもっているということになっています。

参考:ソシオニクス入門②~モデルA~ – いざよいブログ

そして以下は、IEEのモデルAの図です。色が濃いものほど強い/使い慣れている/得意な機能で、色が薄いものほど弱い/使い慣れていない/苦手な機能です。

f:id:swpc5hate:20180411014837p:plain

IEEの自我(意識・重視・得意)

自我の機能は、意識しているし価値も感じるし得意な機能です。個性、アイデンティティ、あるいは追いかけたい理想、本当にやりたいこと…に関わります。

IEEの自我はNeとFiからできています。このNeとFi自体は抽象的な概念ですが、関係性によって可能性を探る(Ne=可能性、Fi=関係性*1)、個人的な感情から本質を理解する(Ne=本質、Fi=個人的な感情)…などと解釈することができます。IEEには「心理学者」や「報道記者」というあだ名がついていますが、ここに自我のNeとFiの特徴が表されています。

参考:ソシオニクスの「自我」ブロックとは? – いざよいブログ

IEEのイド(無意識・軽視・得意)

イドの機能は、無意識で価値を感じていないけれども得意な機能です。原動力でありかつ危険から身を守る力、雑に言えば動物的な本能みたいなものです。イドに背くということは自らを危険にさらすことですから、イドに反することはしたがりません。しかし、イドを積極的に使うということもありません。

IEEのイドはFeとNiです。IEEは、悪い因果を断ち切るにはどう人と協力すればよいか(Fe=協力、Ni=因果)、あるいは、結果を出すにはどう感情を表現したらよいか(Fe=激しい情動、Ni=結果)などを無意識のうちに把握しているということになります。非協力なふるまいをしたり感情を隠したりして悪い結果になるのも嫌ですが、極力抑えつけようとします。

参考:ソシオニクスの「イド」ブロックとは? – いざよいブログ

IEEの超自我(意識・軽視・苦手)

超自我の機能は、価値を感じないし苦手だけれども意識している機能です。そのため、守らなければいけない社会規範として意識されます。褒められると社会の一員として認められたようで嬉しくなります。

IEEの超自我はTiとSeです。つまりSEEは、その行いがどういう影響力をもつのか(Ti=構造、Se=形)、あるいは、その性質をどのように分析できるか(Ti=分析、Se=性質)などという視点をもつのが苦手なのですが、同時に社会でやっていくためにはなんとしてでも理解しなければならない視点であるとも思っているということになります。

参考:ソシオニクスの「超自我」ブロックとは? – いざよいブログ

IEEの超イド(無意識・重視・苦手)

最後に超イドの機能は、無意識で苦手だけれども重視している機能です。自分に欠けている視点なので他人に教えてもらいたいと期待するのですが、教えてもらったことは何でも鵜呑みにする上、満たされないときには他人のせいにします。

IEEの超イドはSiとFeです。IEEには、満足するために効率化する(Si=満足、Te=効率)とか、平和のために働く(Si=平穏、Te=働き)といった発想が欠けがちです。そうした自分にない視点を身をもって教えてくれる人がいるとリラックスできます。

参考:ソシオニクスの「超イド」ブロックとは? – いざよいブログ

 

IEEのモデルAをもっと見たい方は:

 

次回はSLI(ISTJ)です。 

*1:各要素の解釈は、過去記事のソシオニクスの8心理機能解釈をまとめた。 – いざよいブログから選んでいます。

タイトルとURLをコピーしました