スポンサーリンク

LIIの恋愛の特徴とは?恋人におすすめのタイプも解説。

アイキャッチ:LIIの恋愛の特徴とは?ソシオニクス

ソシオニクスでは、タイプごとに恋愛の傾向も異なると考えられています。今回は、LIIの恋愛についてまとめます。LIIは恋愛面ではかなり奥手でドライですが、誠実で安定した関係を好みます。

スポンサーリンク

LIIの恋愛の特徴とは?

LIIは、MBTIのタイプINTPとおおよそ対応するタイプ(※諸説あります)で、Logical-Intuitive-Introvert(論理-直観-内向型)の略です。

くわしくはこちら:

各タイプの恋愛の特徴は、研究者によってさまざまな分析・分類がされています。

LIIの場合は以下の分類があてはまり、ここからLIIの恋愛の特徴を考えることができます。

  1. 子どもタイプ
  2. アナリタフィリア
  3. アルファ・クアドラ

では、これらの分類をLIIひよこと一緒に見ていきましょう!

LII
LII

どうも。

※セリフはイメージです。

LIIの恋愛スタイル=「子どもタイプ」

LIIは、Gulenkoの4つの恋愛スタイルのうち、子どもタイプ(Childlike)に該当します。

子どもタイプは、変わった行動で相手の気を引こうとし、自分のことを好きでいてくれて、さらにお世話をしてくれる人を好きになります。

子どもタイプのLIIは、何かに没頭しているオタク気質の子ども…という感じの人です。LIIは、自分が興味を持っている面白いことを語りたがります。自分に興味と愛情を向けてくれて、でも決して踏み込まず、生活を支えてくれるお母さん/お父さんのような存在が必要です。

LII
LII

そうかもしれない。

LIIの愛=「アナリタ」・「フィリア」

LIIは、Megedの8つの愛の形のうち、アナリタ(Analita)フィリア(Filia)の2つに該当します。

アナリタは、合理的な関係を求める愛の形です。相手のふるまいや問題を分析し、自分の要求に応じてもらおうとします。

またフィリアはプラトニックな愛とされていて、友達みたいな関係を求める愛の形です。お互いに尊敬しあえて、価値観が似ていて、かつ対等な関係を求めます。

アナリタとフィリアを持つLIIが恋人に選ぶのは、カンペキに自分に合わせてくれるけれども、自立している人です。ワガママな人は好きではありません。自分の要求に応じてくれないとすぐに気持ちは冷めてしまうかもしれません。

LII
LII

あーわかる。

LIIのクアドラ=「アルファ・クアドラ」

クアドラ別の恋愛の特徴は、MegedやBukalovが分析しています。LIIは、アルファ・クアドラに属するタイプです。

アルファ・クアドラに属するタイプは、恋愛面では、表面的だろうが不和のない明るい関係を好みます。不満はお互いの歩み寄りによって解消しようとし、根に持ちません。

LIIはかなり奥手でドライなので、恋仲になるのはとても難しいです。しかし恋人には親切に接するタイプであり、恋人が怒っていれば積極的に仲直りしようとするでしょう。

LII
LII

うん、まぁ確かに。

スポンサーリンク

LIIの恋人におすすめのタイプは?

LIIが恋人に選ぶと良いタイプは、ESEです!

ESE
ESE

呼んだ?

活発で粘り強いESEといると、LIIは元気になり、また不利な状況に陥らずに済みます。ESEも、LIIの冷静さや頼もしさに惹かれます。

LII
LII

えー…。いや、どうなんだろう…?

LIIは社交的なタイプではなく、自分からアプローチをすることはないかもしれません。が、もし身近に困っているESEがいれば、助けを出すと喜ばれるかもしれませんよ!♡

双対ESEとの理想的な恋愛は:

タイトルとURLをコピーしました