【10/31】第2回グループレッスンを開催します☆【4-8名程度】
スポンサーリンク

ESEの恋愛の特徴とは?恋人におすすめのタイプも解説。

アイキャッチ:ESEの恋愛の特徴とは?ソシオニクス

ソシオニクスでは、タイプごとに恋愛の傾向も異なると考えられています。今回は、ESEの恋愛についてまとめます。ESEは一度好きになったら盲目的に惚れ込み、情熱的に愛情を表現するタイプです。

スポンサーリンク

ESEの恋愛の特徴とは?

ESEは、MBTIのタイプESFJとおおよそ対応するタイプ(※諸説あります)で、Ethical-Sensory-Extravert(倫理-感覚-外向型)の略です。

くわしくはこちら:

各タイプの恋愛の特徴は、研究者によってさまざまな分析・分類がされています。

ESEの場合は以下の分類があてはまり、ここからESEの恋愛の特徴を考えることができます。

  1. 保護者タイプ
  2. マニア&エロス
  3. アルファ・クアドラ

では、これらの分類をESEひよこと一緒に見ていきましょう!

ESE
ESE

よろしくね!!

※セリフはイメージです。

ESEの恋愛スタイル=「保護者タイプ」

ESEは、Gulenkoの4つの恋愛スタイルのうち、保護者タイプ(Caring)に該当します。

保護者タイプは、好きな人を気遣ったり支えたりします。自分の気遣いを必要とし、自分といると居心地よさそうにしていて、遊び心のある人を好きになります。

保護者タイプのESEは、強く優しいお母さん/お父さんのような人です。とても気が利き、ささっと家事をこなしたり、遊びに出かける予定を立てたりと、大切な人の幸せのためあちこち動き回ります。

ESE
ESE

そうかも。。

ESEの愛=「マニア」・「エロス」

ESEは、Megedの8つの愛の形のうち、マニア(Mania)エロス(Eros)の2つに該当します。

マニアは、執念深く激情的な愛です。激しい独占欲や自己犠牲、予測できない行動が特徴です。

一方エロスは、美への情熱的な愛です。美しい顔や体やふるまいを崇拝し、好きになった相手に自分を合わせて、身も心も1つになろうとします。

マニアとエロスとを持つESEが恋人に選ぶのは、ちょっと冷たいけど賢くて頼もしい人です。ESEはそういう相手に情熱的にアプローチをするでしょう。一度好きになった相手には盲目的に惚れ込みますが、知性や礼儀がない人だとわかるとガッカリします。

ESE
ESE

はぁ…好き…。

ESEのクアドラ=「アルファ・クアドラ」

クアドラ別の恋愛の特徴は、MegedやBukalovが分析しています。ESEは、アルファ・クアドラに属するタイプです。

アルファ・クアドラに属するタイプは、恋愛面では、表面的だろうが不和のない明るい関係を好みます。不満はお互いの歩み寄りによって解消しようとし、根に持ちません。

ESEは、好きになった相手には情熱的に愛情を注ぎます。気を配ったり楽しませたりして、安定した関係を築こうとします。また、自分の気持ちを気にかけてもらえると喜びます。

ESE
ESE

わかる。。

スポンサーリンク

ESEの恋人におすすめのタイプは?

ESEが恋人に選ぶと良いタイプは、LIIです!

LII
LII

…。

賢くて冷静なLIIのサポートがあると、ESEは背負い込みすぎた責任やストレスから解放されます。LIIも、ESEの明るさや根気強さに尊敬の念を覚えます。

ESE
ESE

えー、なんか気難しそうだけど…?

確かにLIIはかなりとっつきにくい性格をしています。でもESEの愛のパワーさえあれば、大した問題ではありません!♡

双対LIIとの理想的な恋愛は:

タイトルとURLをコピーしました