いざよいブログ

MBTIと混同されているソシオニクスの誤解を解くためのブログ。

IEI(INFJ)の適職・働き方とは?管理人の就活経験談付。

f:id:swpc5hate:20180411014454p:plain

前回はSLE(ESTP)の適職と働き方について紹介しました。今回紹介するのは、IEI(INFJ)適職働き方についてです。私自身IEIですので、最後に一瞬やっていた就活経験談を載せておきます。多分参考にならないと思います。

IEI(INFJ)の性格については:

 

IEI(INFJ)の働き方①

IEIのモチベーションは、自給自足できて、自分のペースで穏やかに働けることです。IEIは知りたがりであり、自分の仕事が自己発展につながり自分にとっても個人的に面白いものなら、私心なく働くことができます。パフォーマンスにむらがあることは無視するのがいいです。高パフォーマンスのときに、以前やれなかったことや先伸ばしにしていたことを埋め合わせようとするからです。IEIは、たとえ今は物質的な報いがなかったとしても、アイディアや遠い展望のために働くことができます。将来的によい機会が見えれば、IEIの支えを頼りにできるかもしれません。強い直観ゆえ、IEIはしばしば非実践的で、非現実的、そしてナイーブです。自分の人生を組織したり調整したり、家庭や仕事をもったり、必要なときに自分を守ったりするのは難しいと感じます。したがって、具体的で意志のある支援をすれば、IEIはあなたを頼もしく決断力のあるひとだと判断して頼ってくれ、もっとも忠実な社員になってくれます。内向型のために、IEIは仕事をころころ変えたがりません。IEIはロマンチックで貴族的で、ユーモアがあります。それゆえ皮肉なジョークを言ったり時折小さいけれども凝った贈り物をしたりすることができれば、IEIの中に多くの支えと理解を見つけ出すことができるでしょう。

IEI(INFJ)の働き方②

気分屋で優柔不断で、他人はおろか自分の責任さえとりたがらないので、リーダーシップを発揮する立場にはなりたがりません。それにも関わらず、運命のいたずらでIEIがこのような立場に立つことになってしまえば、IEIは戦略上重要な仕事をうまくこなすことができます。IEIは部下と上手に関わり、感情を利用して周囲の人々にうまく影響を与え、そして本人はもっと穏やかな関係を求めます。小さいグループの責任者ならなお良いです。

 

IEI(INFJ)の適職

人文科学に関わる仕事がベストです。IEIは、小さな集団との優雅な交流が求められる場でうまく立ち振る舞うことができます。福祉にかかわる仕事もいいです。時々、数学者として成功することもあります。

  • 翻訳家
  • 司書
  • 報道関係者
  • 編集者
  • 美術評論家
  • 作家
  • 詩人
  • 福祉

など

男性のIEI(INFJ)の適職

男性のIEIは、作家としての才能があることが多く、自分の考えを表現するのが上手なので、傑出したジャーナリストになります。多くの場合、男性のIEIは自分がデザイナー、スタイリスト、モデラー、芸術家、歌手として働くのに向いていると気づきます。男性のIEIは写真や映画を撮ったりするのが好きで、時々それを仕事にすることもあります。一般に歴史に興味があるので、歴史の研究者や先生になることもあります。

他のタイプとは違い、IEIは自分が楽しめる仕事をしたがりますが、これは事業の多角化であったり、様々なタイプの仕事を試してみることであったりします。IEIは退屈やルーティンをいつも避けようとし、これはIEIの職場にもあてはまります。旅行したり新しい出会いをしたりすることに大きな喜びを感じます。IEIが一番嫌いなのは、自分のクリエイティブな着想や事業をする余地がない、決まりきった日課です。IEIは新しさや奇抜さ――気持ちの絶え間ない変化を望んでいるのです。

女性のIEI(INFJ)の適職

女性のIEIは文学、外国語、歴史の先生という使命に気づきます。また、ジャーナリストや心理学者、学芸員、スタイリスト、芸術家、デザイナーとしても成功します。 

仕事では、女性のIEIは社交的に活動することを好みます。そのため、人とのかかわりがある仕事であれば、より満足できることでしょう。たとえば編集者など、孤独と集中を必要する仕事の場合は、周りの人と関われるなら輝けるでしょう。女性のIEIは、どうやったら一緒に働いている人たちを笑わせたり奮い立たせたりできるかわかっているので、同僚はたびたび、女性のIEIと話す機会を失うまいとします。

IEI(INFJ)の就活事情

私の話になりますが、以前も紹介した通り、「キミスカ」「ニクリーチ」というスカウト型就活サイトを少しだけ使っていました。煩わしいESや適性検査をスキップして面接をすることができるので、経験値稼ぎにはいいんじゃないかと思います。

ただこういう受け身型のサイトは一見楽なのですが、大量のスカウトに振り回されてしまったので、IEIには正直オススメしないです。確かに、上位数%しかもらえない特別スカウト、みたいなのをもらえると自尊心は満たされます。しかしその代償として「せっかく特別スカウトをいただいたし、行ってみたら意外と興味沸くかも…」という考えに陥るのはかなり苦しいことでした。毎日毎日明らかに興味をもてなさそうな企業の説明会に赴いては「やっぱり興味持てなかったなぁ…」と確認する作業を繰り返し、疲労をためていきました。

まぁその確認作業によって就活をやめる決心がついたのだと考えることもできますけどね。…いやそうなんです、就活やめちゃいました!内定いただいたところもあったんですが、やりたいことや勉強したいことが沢山あるので、就職して残業残業の日々を考えたら都合が悪いなぁと思っちゃいました。幸いにも数年間は最低限の生活送れるだけの収入が得られそうなので(バイトですが)、これからもフワフワと暮らしていくことにします。

いや自分は普通に就職したけど!?というエピソード等ありましたら、是非教えてください。

 

出典:

IEI Profile by Gulenko - Wikisocion

Socionics Type Descriptions by Filatova - Wikisocion

Socionics Type Profiles by Beskova - Wikisocion