いざよいブログ

MBTIと混同されているソシオニクスの誤解を解くためのブログ。

LIE(ENTJ)の適職・働き方を紹介!避けるべき業務とは?

f:id:swpc5hate:20180411014749p:plain

16通りあるソシオニクスのタイプですが、タイプごとに適職や働き方にも違いがあります。前回はILI(INTJ)についてまとめましたが、今回は、LIE(ENTJ)適職・働き方について紹介していきます。

LIE(ENTJ)の性格については: 

 

LIE(ENTJ)の働き方①

LIEの動機は、新規性のために努力することです。LIEの仕事は、創造的でいられたり、実験したり革新したりすることができる機会を与えてくれるものであるべきです。また、LIEは遅かれ早かれ自分のプロジェクトに役に立つことになるかもしれないことはすべて学びたがります。そのため、もしLIEをセミナーやワークショップ、会議、研修などにしょっちゅう送り込めば、LIEは満足して自分の仕事に興味を持つことでしょう。LIEと働くときには、LIEは細やかなルーティンワークに対しては一切愛を感じられないということを考慮しておくべきです。LIEの業務からは、そうしたルーティンワーク、そしてしんどい書類が関わってくる仕事はなんでも、外すようにしてください。LIEのリスキーな提案を聞くときには、いくらか用心して、そのような活動を行うための資源があるのかどうか、そして誰がそれを調達するのかを明確にする必要があります。また、どんな人たちがLIEを支持しているのかを尋ねるのも良いアイディアです(LIEの「チーム」とは、LIE1人であることが多いです)。もしLIEがすぐ行動するよう急かしてくるときには、あまりにも遅れているということですから、注意を払わなければいけません。LIEは行動のタイミングをかぎ分けるのが上手だからです。しかし「7回測ってから切る」という原則に基づいて行動してあげましょう。LIEのビジネスは大きくなりすぎることが多く、そのため無駄に神経質になってしまうからです。LIEは期待されていることよりもちょっとだけ上のことをしようとし、周りの人たち皆を熱狂させます。もしLIEが興奮して、焦りを見せたり、ゆっくり働いている人たちに耐えられなくなったりしたときには、友好的にLIEの困難を理解して支えてあげることで、落ち着かせてあげるべきです。そしてさらにLIEの頑張りを後押ししようとすると同時に、LIEをリスキーすぎる出費や行動から遠ざけてあげれば、実りのある交流が保証されるでしょう。

LIE(ENTJ)の働き方②

プロとしての序列に関しては、LIEは合理性の原理から始めるので、すでに有能な誰かが力を持っている場合には、必ずしも高い地位を得たがるわけではありません。もしそうでなければ時間節約のため、LIEはイニシアチブをすんなりとることができます。

リーダーになると、戦略的な問題を完璧に解決することができます。LIEは現代の技術を導入することで産業に良い結果をもたらしたいという野望を抱きます。LIEは人を信用すると、その人には打ち解けたふるまいをしますが、それでも真のリーダーのままでいることでしょう。LIEは民主主義の指導者であり、部下と礼儀正しい関係をつくることは、LIEのポジションに備わっているものです。仕事仲間は全員、それはたとえ序列的に低い人であっても、彼らの利害関係を、ビジネスパートナーのそれと同じように取り扱いたいと望んでいます。

 

LIE(ENTJ)の適職

柔軟な思考や創造的なアプローチ、そして理論的な進展の実践への応用力が求められる革新的なビジネスがいいでしょう。発明したり合理化したりするのが上手かもしれません。仕事を素早くこなしてきびきび動くので、たくさん出張しなければいけないようなダイナミックな仕事がおすすめです。たいていの場合、商業的なリスクを恐れないので、新事業の先駆者になることができます。面白くてやりがいがあり、特別に細かい配慮が必要とされない仕事であれば、多様な仕事に従事することができます。

  • 研究、発明
  • 経営
  • 教師、教育産業
  • 一次産業

 など。

男性のLIE(ENTJ)と仕事

LIE男性は、知性だけでなく人をまとめる才能もありますから、大抵の場合、高い地位にのぼりつめられるような安定した仕事について、重役や経営者になりたがります。また、何かを追求することにいっそう情熱を燃やすLIE男性もいます。そういう人は、コンサルやリスク管理の仕事をしたがりますが、その場合でもかなりうまくいきます。

仕事をしていなければLIEは不機嫌になり、人生は退屈なものになります。失業中のLIE男性は、理論上は存在しても、実際にはありえません。これはLIE男性が、マシな給料を求めて、たいてい問題が起こる数か月前には会社を辞めているからです。LIE男性が窓際社員になることはないでしょう。能力も人脈もあるので、LIE男性が仕事で自分の才能や情熱を実現しようと思えば、職場の選択肢はたくさんあります。

女性のLIE(ENTJ)と仕事

LIE女性はいつも落ち着いていて決断力があり、いつでも仕事を始める用意ができています。仕事は、LIE女性の武器です。LIE女性はたいていの場合バリバリのキャリアウーマンになり、大金を稼ぎますが、お金は副産物であり、LIE女性の真のゴールではないし、お金を自慢することもしません。LIE女性は、ビジネスや、技術、科学に関われる仕事ならどこでも実際的に働くことができます。LIE女性が惹かれない唯一の領域、それは医学です。

仕事では、LIE女性はたいていすぐに経営者の立場までのぼりつめます。LIE女性は友好的で公平であり、誰とでも良い関係を維持しようとし、陰謀は回避します。

LIE(ENTJ)の就活事情

私の周囲のLIE(ENTJ)の就活事情ですが…そもそも周囲にLIEがあまりいないというか、全くいないわけではないのですが、何の仕事をしているかまではよく覚えていないという…。

あと就職とはズレますが、大学生くらいの頃にバイトでちょこっとホストをしていたというLIEの先輩が1人います。No.1にはなれなかったそうですが、どんな先輩や後輩とも仲良くできるおかげで、ヘルプにつかせてもらえる機会がとても多く、2000万円くらい貯めたと言っていたような。また、新規の女性を店に呼ぶ方法を考えて実行にうつすのも得意だったようです。研究者としてもめちゃくちゃ優秀なのですが、いずれの領域でも、LIEの強みである理論を実践に応用する才能が活かされているんだろうな~と思います。

LIEだけどこんな就職したよ!こんな仕事してるよ!などありましたら、是非教えてください。

 

出典:

LIE Profile by Gulenko - Wikisocion

Socionics Type Descriptions by Filatova - Wikisocion

Socionics Type Profiles by Beskova - Wikisocion