いざよいブログ

MBTIと混同されているソシオニクスの誤解を解くためのブログ。

ILI(INTJ)の適職・働き方を紹介!おすすめの職種も紹介。

f:id:swpc5hate:20180411014756p:plain

ソシオニクスのタイプごとに適職や働き方をまとめています。前回は、SEE(ESFP)の適職と働き方について紹介しました。今回は、ILI(INTJ)適職働き方について紹介していきます。就職活動や転職活動の参考にしてみてください。

ILI(INTJ)の性格については:

 

ILI(INTJ)の働き方①

ILI(INTJ)は理論的に根拠づけるのを好む自制心のあるタイプです。ほとんどの場合、ILIは情報と一般的な理論に関する問題に関心を持ちます。俗世の「てんやわんや」はILIにとってほとんど価値がありません。ILIにとって最善の状態は、身体的な努力や緊急性を必要とせず、頭を動かす機会があるような、独立した仕事をすることです。ILIのキャリアはだんだんあがっていき、一歩一歩着実に昇進していきます。同僚と働くときには、ILIは、物知りであるのにも関わらず、お礼に何も提供せずたいてい問題の概要を描くだけしかしないということを自覚しておかなければいけません。加えて、ILIのアイディアは非現実的で実行するにはあまりに複雑であるかもしれません。ILIは現在のトレンドを評価するのが誰よりうまいのですが、差し迫った危険を回避するための根本的な改善を実施しようとなったら自分でやらなければいけないでしょう――ここでILIが関与してくれるのを頼りにしてはいけません。すべての直観型と同様、ILIは、段取り、補給、メンテナンスといった家庭や仕事場のすべての問題は、自分の代わりの誰かに解決してもらうのです。そのため、もしILIのこうした問題を気遣ってあげれば、ILIは解放されてもっと創造的な仕事ができるようになるでしょう。

ILI(INTJ)の働き方②

ILIははっきりとはリーダーになろうと努力しているわけではありませんが、もしそうなればILIの隠れた虚栄心は満たされます。それは、自分をラボ、研究、大学の長…さらには国の大臣にさえふさわしい人物と考えているからです。この確信は、人によっては妥当であることもあります。そしてこれは長期的な成り行き、結果について考えが及ぶというILIの才能によって下支えされているわけですが、こうした才能は、どんなレベルの管理者においても疑いようもなく最重要となる性質なのです。

部下といるときILIは礼儀正しい関わり方を好みます。ILIは他の人より優れた部下の才能や専門的なポテンシャルを見極め、こうした知識を利用します。しかし、ILIはいつも部下に対して自信をもって仕事を任せられるわけではなく、すべて自分でチェックしたがります。自分よりも他の人の方が仕事ができるという事実をすんなり受け入れることもできません。

ILI(INTJ)の働き方③

ILIと結婚すれば、家庭は物質的に満たされることでしょう。ILIに向いている職業は十分なほど広範囲に及んでいます。仕事では無理をすることなく、こっそり利益のあがるプロジェクトに参加するなどして、いつもお金を稼ぐ方法を見つけられます。中には、多額のお金を稼いだのちに、3、4ヶ月の休暇をとったり、知的探究に専念したりする人もいます。しかしこれにあまり注意を向けてはいけません。さもなければ、自分が金銭的なトラブルの渦中にいることに気づけなくなってしまうでしょう。ちょうどいいタイミングで、つまり遅すぎず早すぎずのところで、ILIは次のお金を稼ぐ方法を見つけるでしょう。たとえば、「何が?どこで?いつ?」といったタイプの、相当な報酬を勝ち取ることができる知的な論戦に参加することによってです。

このようなILIですから、中には自分で起業する人もいます。特にパートナーに恵まれていて、パートナーが公的な関係をすべて担ってくれる――会社の顔になってくれたり、クライエントと話してくれたりなどの場合には、経営はうまくいきます。ILI自自身は裏方で働くのを好みます。たとえ仕事に必要であったとしても、電話に出たり電話をかけたりすることを自分に強いるのは好きではありません。

 

ILI(INTJ)の適職

戦略的な予測が必要な仕事ならどこでもホームグラウンドです。どんな規模のグループだろうが引っ張っていけます。感覚型の援助があればなおよしです。人文主義的な領域――たとえば哲学や芸術などへの審美眼も発達しています。

  • 政策
  • 財務
  • 軍事研究
  • 物理学、数学、マクロ経済学
  • 複雑な問題の概念的な分析
  • リスク評価
  • カウンセリング、予後
  • 哲学、考古学、歴史学
  • 情報学、公文書館、図書館

のような領域。

男性のILI(INTJ)と仕事

概してILIの知性は年をとっても消えることがなく、その範囲はただ成長していきます。それに比例してILI男性はずる賢さ、悪知恵、痛烈な皮肉もまた成長させていきます。ILI男性は出来事の発展の成り行きを予見し、この事業、あるいは別の事業が自分にもたらすかもしれない利益を見積もることができます。ILI男性が自分の考えを喜んでシェアしてくれる場合には、この予測能力に頼ることができます。

女性のILI(INTJ)と仕事

ILIは知性的で、素晴らしいほど物覚えが良いです。それは、ILIは柔軟な思考の持ち主であって、実践的に制限されることがないからです。技術、人文学、芸術においては、たとえ手作業を要するような領域ですらも、抜きんでて優秀であることがあるかもしれません。民芸、裁縫、人形作りやジュエリー作りに惹かれることが多いです。

ILI女性がある2つの事柄について自分には打ち勝つ能力がないと気づいたときには、唯一日常生活が崩壊してしまうかもしれません。その2つの事柄とは、熱意の欠如(これゆえ、頻繁に怠惰な時期が訪れます)、そして高慢さ(「私の周りの人間はバカばかり、なんでそんなバカ共と関わらないといけないんだ」)です。

仕事では、ILI女性は完全にかけがえのない存在です。ILI女性は滅多にないほど賢くて物覚えが早く、あっという間に必要なスキルを習得し、仕事で困惑することはめったにありません。実際、ILI女性に同じ指導を繰り返すことは全くもって不要です。

ILI(INTJ)の就活事情

私の周囲ですと、ベンチャー企業に行った人がほとんどで、大手企業に行った人はいないです。仕事の分野は様々ですが、IT、広告、不動産関連という感じかな?本文にもありましたが、芸術的センスがズバ抜けている人も周りにいます。美大を出てデザインの仕事をしている子などがいますねえ。あとは大学院の先輩にも1人います。みなさんジャンルは違いますが大体仕事をさせると優秀ですよね。うらやましい限りです。

ILIだけどこんな就活したよ!というエピソードありましたら是非教えてください。

出典:

ILI Profile by Gulenko - Wikisocion

Socionics Type Descriptions by Filatova - Wikisocion

Socionics Type Profiles by Beskova - Wikisocion