ソシオニクス入門①~MBTIではタイプの相性はわかりません!~

MBTIのタイプの相性って気になりますよね。検索するとたくさんの情報が出回っています。しかし公式には「MBTIは相性をはかるものではない」と言われています。実は、「MBTIのタイプの相性」として出回っているものの多くは、MBTIとは似て非なる「ソシオニクス」です。

スポンサーリンク

ソシオニクスとの出会い

2015年くらいのことです。私はMBTIという性格類型を知って以来、MBTIにどハマりしていました。当時、ネットには「MBTIのタイプの相性」という情報が流布していました。「MBTIに相性なんてあるんだ!?」と思って、私はその情報にくぎ付けになりました。

一応言っておくと、日本MBTI協会は「MBTIは相性をはかるツールではない」と断言しています。だから 「MBTIのタイプの相性」 として出回っている情報はすべて、実際はMBTIとは何も関係がないのです。だから私も、誰かが独自に言いだしたことなのだろうと考えていました。

でも1つ引っかかることがありました。私がくぎ付けになったその「MBTIのタイプの相性」は、素人による独自研究と考えるにはあまりに洗練されているというか、やけに体系的だったのです。

そこでしばらく調べてみると、MBTIと似ている理論で、ソシオニクスという理論があるとわかりました。そして「MBTIのタイプの相性」として広まっていた情報が、実際はソシオニクスの理論だということもわかったのです。

下で説明するとおり、ソシオニクスはロシアのほうの理論です。ほとんどはロシア語のサイトばかりです。 英語サイトならいくつかあるのですが、 日本語サイトは全くないと言っていいほどでした(2016年当時)。

ということで、今回からソシオニクスの紹介をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ソシオニクスって何?

ではソシオニクスとはどんなものなのでしょうか?

ソシオニクスは、ロシアやその近辺で広まった性格類型です。1970年代から1980年代、リトアニアの心理学者、社会学者であるAušra Augustinavičiūtė(1927-2005)が発明しました。

具体的には、精神の構造と人間関係の構造を独自のモデルを用いて説明していた理論になります。ユングのタイプ論と、ポーランドの精神科医Antoni Kępiński(1918-1972)による「情報代謝information metabolism」という理論の2つを混ぜたものになっています。

一方、MBTIはアメリカ生まれの性格類型ですから、本当は全然違うものなのです。それでも同じユングのタイプ論に由来することや、16タイプに分けられることなどから、たびたびソシオニクスとMBTIは混同されています。

スポンサーリンク

ソシオニクスの特徴

今回は、ソシオニクスの特徴の中でも、MBTIとは違う点を挙げてみます。

8つの要素(心理機能)をすべて考慮する

MBTIもソシオニクスも、ユングのタイプ論をもとにした心理機能(直観、感覚、思考、感情)を使って心を説明します。ソシオニクスでは心理機能のことは「情報要素information elements」と言いますが、「要素」といったらこの心理機能のことをさすと考えてください。そしてこの4つの心理機能は、さらに外向と内向に分けられます。全部で8つということです。

MBTIでは、こうした8つの心理機能を、主機能・補助機能・第三機能・劣等機能の4つからなるタイプ・ダイナミクスに当てはめます。例えば、ENTPというタイプであれば、

ENTP: 外向直観(主機能)→内向思考(補助機能)→外向感情(第三機能)→内向感覚(劣等機能)

このような順番で発達していくとされています(第三機能の外向/内向については諸説ありますが、外向とします)。

しかし、先ほど言ったとおり、心理機能は全部で8つです。このMBTIのタイプ・ダイナミクスからは残りの4つが語られていません。ENTPなら、内向直観・外向思考・内向感情・外向感覚はどうなっているのかわからないのです。どうやら「無意識に沈んでいる」らしいのですが、ちょっと気になりますよね。

一方、ソシオニクスでは、8つの要素すべてを説明したモデルを提案しています。つまり、すべての要素に役割があると考えるのです。このソシオニクスのモデルを、モデルAと言います。他にも最近のソシオニクスでは、モデルGだのモデルJだのいろいろあるのですが、当ブログでは一番古典的なモデルAを扱っています。

モデルAの説明は長くなるので次回以降に回しますが、意識と無意識についても、MBTIとは若干異なった考え方をするので注意が必要です。

タイプ間の関係がわかる

「MBTIのタイプの相性」として広まっているのは、冒頭にも記したとおり、MBTIではなく、ソシオニクスの理論でした。

ソシオニクスでは、「タイプ間の関係intertype-relations」と呼ばれるものがあります。「相性」と訳したほうがきっとウケはいいのですが、これは現実にたとえるなら親子とか兄弟みたいな「関係性」に近いもので、「相性が良い」とか「相性が悪い」みたいに良し悪しではかれるものではありません。日本語だと「間柄」という言葉がありますが、そうした質的なものなのです。

ソシオニクスのタイプ(ソシオタイプ)は16タイプあります。タイプ間の関係は、対称な関係が12通り、非対称な関係が2通りの、合計14通りです。こちらも長くなるので、次回以降説明します。

MBTIとはタイプの表記が異なる

MBTIのタイプは、主機能か補助機能のうち、外向の機能が感情(F)か思考(T)ならJ(判断型)で、直観(N)か感覚(S)ならP(知覚型)でした。

しかし、ソシオタイプは1番目の機能がF/Tなら小文字のj、N/Sなら小文字のpという扱いをします。たとえばMBTIでINTJというタイプがありますが、これは、

INTJ: 内向N(主機能)→外向T(補助機能)→内向F(第三機能)→外向S(劣等機能)

というタイプ・ダイナミクスを持ちます。このINTJは、補助機能に外向するTを持っています。そのため、最後の文字がJになります。

しかし、ソシオニクスのモデルAでこのINTJというタイプを考えると、1番目の機能はNなので、最後の文字は小文字のpになります。つまり、ソシオタイプはINTpとなるのです。

さらに、ソシオニクスには正式名称があります。その表記は、第一機能+第二機能+外向/内向という形式をとります。また、正式名称ではこれまでとは違ったアルファベットを用いており、

MBTIソシオニクス
F(Feeling、感情)E(Ethical、倫理的な)
T(Thinking、思考)L(Logical、論理的な) 
N(iNtuition、直観)I(Intuitive、直観的な)
S(Sensor、知覚)S(Sensory、知覚的な)
E(Extravert、外向)E(Extravert、外向)
I(Introvert、内向)I(Introvert、内向)

大体こんな感じです。例えば、ESTP(ESTp)は(外向)S+(内向)Tの外向型なのでSensory Logical Extravert、略してSLE、ESTJ(ESTj)は(外向)T+(内向)Sの外向型なのでLogical Sensory Extravert、略してLSEと表すことができます。

当ブログでは、MBTIとの混同を避けるためにソシオニクスのタイプ表記を使っています。ただしMBTIから流れてくる読者の方を考慮して、たとえば”SLE(ESTP)”のように、ソシオニクス表記とMBTI表記を並記していることも多いです。

また、MBTIタイプとソシオタイプが完全に1:1対応するのかどうかについても諸説あります。当ブログでは、大雑把に1:1対応するものと考えています。

タイトルとURLをコピーしました