いざよいブログ

MBTIと混同されているソシオニクスの誤解を解くためのブログ。

タイプの関係

タイプ同士の関係=「間柄」、一般に「相性」と言われるものについてです。

「相性」という言葉が見えなくするもの

こんなふうに日々ソシオニクスの「相性」をネタに記事を書いている私が言うのもおかしな話ですが、最近、相性という言葉をめぐって少し考えていることがあるので、今日はそれについて自戒の意味も込めてまとめてみたいと思います。

相性の良さは他人には見えないのかもしれない

前回まで、8通りの双対関係を訳してきました。私がそこで思ったのは、相性の良さに8通りもあるのなら、はたから見れば仲が悪く見えるということもありうるのだろうなということです。今回はそこを掘り下げて考えたいと思います。

真・最高の相性⑧~LSEとEII(ESTJとINFP)~

ソシオニクスの理論に基づき、本当に相性が良いとされるLSEとEII(ENTJとISFP)について紹介していきます。なお、巷で出回っている相性とは違いがありますが、それらはソシオニクスとMBTIを混同した「デマ」なので注意してください。

真・最高の相性⑦~IEEとSLI(ENFPとISTJ)~

ソシオニクスの理論に基づき、本当に相性が良いとされるIEEとSLI(ENFPとISTJ)について紹介していきます。なお、巷で出回っている相性とは違いがありますが、それらはソシオニクスとMBTIを混同した「デマ」なので注意してください。

真・最高の相性⑥~LIEとESI(ENTJとISFP)~

ソシオニクスの理論に基づき、本当に相性が良いとされるLIEとESI(ENTJとISFP)について紹介していきます。なお、巷で出回っている相性とは違いがありますが、それらはソシオニクスとMBTIを混同した「デマ」なので注意してください。

真・最高の相性⑤~SEEとILI(ESFPとINTJ)~

ソシオニクスの理論に基づき、本当に相性が良いとされるSEEとILI(ESFPとINTJ)について紹介していきます。なお、巷で出回っている相性とは違いがありますが、それらはソシオニクスとMBTIを混同した「デマ」なので注意してください。

真・最高の相性④~EIEとLSI(ENFJとISTP)~

ソシオニクスの理論に基づき、本当に相性が良いとされるEIEとLSI(ENFJとISTP)について紹介していきます。なお、巷で出回っている相性とは違いがありますが、それらはソシオニクスとMBTIを混同した「デマ」なので注意してください。

真・最高の相性③~SLEとIEI(ESTPとINFJ)~

今回も、ソシオニクスの理論に基づき、本当に相性が良いとされるSLEとIEI(ESTPとINFJ)について紹介していきます。なお、巷で出回っているMBTIの相性は、ソシオニクスと混同しているせいで、大半が「デマ」になっています。

真・最高の相性②~ESEとLII(ESFJとINTP)~

巷で出回っているMBTIの相性はソシオニクスとの混同ゆえに、大半が「デマ」になっています。今回は、ソシオニクスの理論に基づき、本当に相性が良いとされるESEとLII(ESFJとINTP)について紹介していきます。

真・最高の相性①~ILEとSEI(ENTPとISFJ)~

巷で出回っているMBTIの相性はソシオニクスとの混同ゆえに、大半が「デマ」になっています。今回は、ソシオニクスの理論に基づき、本当に相性が良いとされるILEとSEI(ENTPとISFJ)について紹介していきます。

「相性の良いタイプ」とは何なのか考え直してみた。

私が今まで最高の相性だと思ってきた組み合わせと、ソシオニクスで最高の相性である組み合わせには齟齬がありました。ソシオニクスの相性にどうも納得がいかなかったのですが、なぜ納得がいかないのかについてよく考えてみることにしました。

ソシオニクス入門⑤~タイプ間の相性を一挙公開~

ソシオニクス入門最終回です。前回、超イドを取り上げ、人が他者を志向するのは必然で、そこからソシオニクスも他者との関係の分析へと接続するという話をしました。ということで今回はみなさんお待ちかね(?)タイプ間の関係を紹介します。